Coin Guid 古銭買取業者比較.net

なんでも鑑定団 高額鑑定 昭和2年印刷 50円札

time

なんでも鑑定団 高額鑑定 昭和2年印刷 50円札

鑑定番組の老舗番組、「なんでも鑑定団」の高額鑑定の古銭情報のまとめ!

今回は昭和2年印刷 50円札をご紹介します。

発行されたのは、その名の通り、昭和2年に発行がおこなわれた紙幣となります。

 

昭和2年印刷 50円札

昭和2年印刷 50円札

実際の査定はなんでも鑑定団では買取はおこないません。

買取・査定を依頼するには専門の古銭買取業者の利用をおすすめします。

高額古銭買取業者こちら
バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

 

sponsored link

昭和2年印刷 50円札の特徴

昭和2年印刷50円札は、通常は50円紙幣として発行予定だった紙幣となります。

当時、世界的な金融恐慌(昭和金融恐慌)があり、ついで、その際に取り付け騒ぎがおこりました。

取り次け騒ぎとは?

この騒動の鎮静化を図る為に、裏面の印刷をせずに発行がおこなわれたのが、昭和2年印刷50円札となります。

しかし、印刷がされ、いざ発行となる段階で、騒ぎが収束していき、巷に発行がされるに至らなかった、非常に珍しい紙幣となります。

この紙幣を一般の方が持っているということは、ほとんどないことであり、現在でも世に出回っていない紙幣となります。

もし出回る様なことがある場合は、銀行関係者・造幣局などに何らかのパイプがある人でないと、手にすることはもちろん、実物を見ることも難しい紙幣となっています。

古銭収集家の間でも幻の紙幣として扱われており、見るだけでも貴重な体験となる紙幣となっております。

ですので、逆に贋作などと言われるものも存在はしていないのが現状です。

(手に取ってみることもできない紙幣となるので、当然ですよね。)

しかし、実際のところ、本物である保証はないので、鑑定自体も非常に難しかった様です。

 

昭和2年印刷 50円札のなんでも鑑定団の鑑定額は!?

世に出回ったことがない、昭和2年印刷50円札。

実際にどの様な価値となるのか?必見の一品となります。

 

昭和2年印刷 50円札のなんでも鑑定団の鑑定額

では実際の鑑定額は以下の通りになります。

本人評価額:400万円

鑑定額:昭和2年印刷 50円札 1000万円

なんと!?1000万超えの超高価鑑定となりました。

昭和2年印刷 50円札自体はもちろん、本物となります。

しかし、一番の謎がなぜ、この未発行の紙幣が依頼人の手にあるのか?という点になります。

依頼人自身は、非常にディープな古銭の収集家でした。

古銭以外にも様々収集を行っていた様ですが、その中でも一番力を入れて、収集していたのが、古銭や古紙幣の収集という方です。

今までコレクションしてきた古銭・古紙幣などその投資額は総額で、2億円は使ってきたという、本物のコレクターです。

そんな時、アメリカからの友人が連絡があり、知人から日本の紙幣を数枚売却したいという依頼があり、写真を確認。

するとそこには、この昭和2年印刷50円札も入ったいたことで、購入をしたそうです。

では、なぜ?アメリカにこの昭和2年印刷50円札があったのか?

これは日本紙幣の大収集家でもある、ドクター・ノーマン・ジェイコブス氏が来日した際に、当時の日本の銀行関係者や造幣局局員などとパイプがあった様で、その際に購入したのではないか?と言われています。

歴史的に見ても、非常に価値の高い古紙幣となります。

 

なんでも鑑定団の品を査定に出すには?

なんでも鑑定団は様々な品に鑑定額がついて、非常に高いものから、安いものまであります。

しかし、その場で買取をしている訳ではないので、実際の買取をおこなうには、専門の古銭買取業者に依頼することをおすすめします。

買取実績も豊富で、専門のプロの鑑定士が在籍している古銭買取業者をご紹介!

高額古銭買取業者こちら
バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

実際にいくらで買取してもらえるのかをキチンと判断してくれます。

電話やメールからでも査定依頼は出せますので、是非ご利用してみてください。

sponsored link

外国銀貨

厳選古銭買取業者

おすすめ古銭買取業者

Ad