【2018年】古銭買取業者比較.net

旧二十圓金貨の買取と価値について

time

旧二十圓金貨の買取と価値について

近代貨幣の王様の異名を持つ、「旧二十圓金貨」

非常に貴重な国内金貨として、現在でもプレミア金貨として、高価買取が可能な金貨となります。

希少価値が高く、現在では目にすることも少ないと言われている旧二十圓金貨となります。

実際の古銭買取・査定を依頼するには専門の古銭買取業者の利用をおすすめします。

高額古銭買取業者こちら
バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

旧二十圓金貨

 

sponsored link

旧二十圓金貨の概要

旧二十圓金貨は非常に貴重な金貨となります。

前述である通りの近代貨幣の王様と言われるほどの代物となります。

非常に大きなサイズで、直径で35.06mmのサイズとなります。

鋳造・発行枚数も非常に少なく、トータルで5万枚も発行がおこなわれていません。

図柄・デザインについては加納夏雄が描いた、天皇を象徴する「龍」の図柄が描かれています。

このあたりは旧十圓金貨と同じになります。

量目については、33.3333gとなります。

品位については、金900、銅100となります。

金の純度という点ではあまり高くはないですが、金貨のプレミア価値としては非常に高く、貴重なプレミア金貨となるため、非常に高価買取が可能な金貨となります。

鋳造・発行年にも特徴があり、そのほとんどが明治3年に発行がおこなわれています。

しかし、ほんの少数が明治9年に発行がおこなわれている旧二十圓金貨も存在しています。

 

旧二十圓金貨の買取と取引金額

国内発行金貨では屈指の金貨となっており、全5種発行がおこなわれている金貨(一圓・二圓・五圓・十圓・二十圓)の中でも非常にプレミアとなっています。

明治3年発行の旧二十圓金貨となれば、買取・取引金額として、400万円以上の買取・取引となります。

また、少数発行がおこなわれている、明治9年の旧二十圓金貨となるとより高くなり、1000万円以上の買取・取引金額となります。

ここまで金額が上がるのは、現在ではほとんど目にすることがないぐらい、貴重な金貨となります。

その代わりにレプリカ品の旧二十圓金貨が多く出回っており、その真贋をしっかりとおこなわないといけません。

 

金貨買取のおすすめ業者

金貨買取は非常に難しく、真贋鑑定が容易ではございません。

レプリカなども多数あり、その鑑定方法は難しいです。

金貨の査定の見積もりを出すにはプロの鑑定士がいる金貨買取業者をお選びいただくことをおすすめします。

おすすめ金貨買取業者
バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

メール・TEL1本で見積もりを取ることが可能となりますので、是非見積もりをお取りください。

sponsored link

外国銀貨

厳選古銭買取業者

おすすめ古銭買取業者①

おすすめ古銭買取業者②

おすすめ古銭買取業者③

Ad