【2018年】古銭買取業者比較.net

なんでも鑑定団 高額鑑定 古銭 皇朝十二銭

time

なんでも鑑定団 高額鑑定 古銭 皇朝十二銭

鑑定番組で話題の「なんでも鑑定団」その中でも高額鑑定に繋がった古銭をご紹介いたします!

今回ご紹介するのは、「皇朝十二銭」非常に昔に発行がおこなわれており、その年代はなんど708年に発行と非常に古く歴史ある、古銭となります。

皇朝十二銭

皇朝十二銭

実際の査定はなんでも鑑定団では買取はおこないません。

買取・査定を依頼するには専門の古銭買取業者の利用をおすすめします。

高額古銭買取業者こちら

 

sponsored link

皇朝十二銭の特徴

皇朝十二銭の特徴としては、非常に古い歴史ある古銭という所にあります。

鋳造が708年~963年の間に鋳造がおこなわれ、発行されてきた貨幣となります。

別名で、本朝十二銭・皇朝十二文銭とも呼ばれています。

皇朝十二銭は多数があり、以下の様に様々な種類が鋳造がおこなわれています。

和同開珎 708年(和銅元年)
万年通宝(萬年通寳) 760年(天平宝字4年)
神功開宝(神功開寳) 765年(天平神護元年)
隆平永宝(隆平永寳) 796年(延暦15年)
富寿神宝(富壽神寳) 818年(弘仁9年)
承和昌宝(承和昌寳) 835年(承和2年)
長年大宝(長年大寳) 848年(嘉祥元年)
饒益神宝(饒益神寳) 859年(貞観元年)
貞観永宝(貞観永寳) 870年(貞観12年)
寛平大宝(寛平大寳) 890年(寛平2年)
延喜通宝(延喜通寳) 907年(延喜7年)
乾元大宝(乹元大寳) 958年(天徳2年)

上記の様に各鋳造年に発行がおこなわれています。

種類はもちろん全12種となります。

当時の貨幣価値としては、流通が非常にあった貨幣ではなく、どちらかと言うと、見せ金と言われる貨幣となっています。

形の特徴としては、全体は丸く、真ん中にちょうど四角形の穴があるのが特徴となり、通称穴あき銭と言われていました。

この中でも和同開珎は日本国内でも流通がおこなわれていた、歴史があり、現在も所持している方が多いと言われています。

素材はベースとして銅で作られており、当時として銅は非常に価値の高い代物だったことから、鋳造当初は貨幣価値としても高いことがうかがえます。

しかし、年々新しく鋳造されていくことによって、貨幣自体の劣化が起こってきました。

あまりに強度が失われたことから、それと同時に貨幣価値も下がってきたという様なことが起こりました。

鋳造・発行の終わりは当時の朝廷と民間でも信頼問題に傷がつく様なことがあり、乾元大宝の発行後は、朝廷自体が弱体化したこともあり、銅銭の発行がストップしたことで、発行が中止となった歴史があります。

 

なんでも鑑定団の鑑定額は!?

この様な歴史ある古銭である、皇朝十二銭が、なんでも鑑定団でスタジオ鑑定で鑑定をおこないました。

品物としては皇朝十二銭が12種全て揃っていた品物となり、あとは真贋判定だけで、もし本物であるなら、非常に高い鑑定額になります。

皇朝十二銭のなんでも鑑定団の鑑定額

では実際の鑑定額は以下の通りになります。

本人評価額:120万円

鑑定額:皇朝十二銭(全12種)…250万円

本人評価額よりも130万円アップの250万円の鑑定額となりました!

鑑定理由としては、もちろん、皇朝十二銭 全12種全てが本物であることが確認できたことが、一番鑑定額を上げるポイントとなりました。

その中でも状態の良いものもあり、そこがまたプラスポイント、但し、中には状態の悪いものもあったのは事実な様です。

そして、皇朝十二銭12種全てが揃っている所も鑑定額としては高くなるポイントの一つでした。

歴史的な背景を考えても皇朝十二銭全12種が揃っているのが非常に珍しいとのことです。

ちなみに、鑑定依頼人の方は健康ランドを経営している方で、前オーナーが趣味で集めていた古銭の一つにこの皇朝十二銭があり、これを健康ランド内に飾っていました。

しかし、飾ってすぐに盗難にあい、盗難届を出したところ、草むらで発見されたという。

偽物かどうかドキドキしていたとのことでした。

それにしても驚きの鑑定結果ですね。

 

なんでも鑑定団の品を査定に出すには?

なんでも鑑定団は様々な品に鑑定額がついて、非常に高いものから、安いものまであります。

しかし、その場で買取をしている訳ではないので、実際に皇朝十二銭の買取をおこなうには、専門の古銭買取業者に依頼することをおすすめします。

買取実績も豊富で、専門のプロの鑑定士が在籍している古銭買取業者をご紹介!

高額古銭買取業者こちら

実際にいくらで買取してもらえるのかをキチンと判断してくれます。

電話やメールからでも査定依頼は出せますので、是非ご利用してみてください。

sponsored link

外国銀貨

おすすめ古銭買取業者①

おすすめ古銭買取業者②

おすすめ古銭買取業者③

Ad