【2018年】古銭買取業者比較.net

古銭買取の相場は?古銭の価値について見てみよう

time

古銭買取の相場は?古銭の価値について見てみよう

古銭買取市場は、古銭が小さくて軽く郵送しやすいことから、インターネットでの買取と販売が活発になって来ています。

それに応じて古銭買取相場への関心度は上がってきていて、実際に多くの注目が注がれています。
ひとくちに古銭といっても、種類は実に様々です。

古銭と聞いて多くの人がイメージする寛永通宝のような江戸時代の穴開き銭から国際イベントの記念コイン、外国の金貨や銀貨、明治時代の兌換銀行券など、一般の人が「これも古銭なの?」と驚くようなものまでを含めて、古銭買取相場は幅広く取り扱っています。

どのような古銭が珍しく、高い相場で取引されているのか見ていきましょう。

古銭は高額で買取することが可能です。
古銭高価買取業者はこちらから
バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

sponsored link

珍しく・価値の高い古銭の種類

寛永通宝

まず、先にも登場した寛永通宝です。
真ん中に四角い穴が開いていて、穴銭と呼ばれる種類の代表格になっています。

人気時代劇で主人公が悪人に向かって投げつけていたのがこの古銭で、お馴染みの人も多いでしょう。

寛永通宝は江戸時代のほとんどの期間を通じて流通していて、鋳造された時期によって古寛永と新寛永に分けられます。

さらに時代ごとに様々な細かい違いがあって、何百という種類があるため、古銭商で取り扱う最も多い古銭のひとつです。

古銭の世界ではありふれていて、一枚数十円から売られている場合も珍しくありません。

ただ、その中で数千円から数万円以上の価値が付いているのが母銭と呼ばれる寛永通宝です。

鋳造する際の元になった銭で、世の中に実際に流通していた通用銭より保存状態が良く、材質もデザインも異なるため、人気古銭になっているのです。

大判・小判

時代劇でお馴染みの古銭には、大判小判もあります。

大判は文字通り大きめの純金製の古銭で、現代に通用する金の価値と歴史的な希少価値が合わさって、相当な額で取引されています。

数十万円から数百万円の値段が付き、古銭買取相場の花形と言えるかも知れません。

小判も同様に希少価値が高く、金の純度と大きさの違いから大判ほどの高値ではないものの、数万円から数十万円で取引されます。

大判と小判はひとつひとつが手作りで、全く同じものは存在しない点に歴史的な価値があります。

江戸時代の鋳金技術の粋が集められており、作成された時期に応じた墨書きなどは歴史史料としても一級品で、コレクターの垂涎の的になっているのです。

藩札

変わったところでは、藩札があげられます。

江戸時代に藩が独自に発行した債券のことで、現在の国債に似ています。

紙幣や硬貨ではなく大きめの紙なので、知らない人には古文書のように見えるでしょう。

江戸期に大量に発行されましたが、藩の消滅とともに紙切れとなって額面の価値を失い、紙質の低さもあってほとんどが失われました。

その分現在では希少価値が上がり、保存状態が良いものなら数万円の価値が付く場合があります。

博物館に大事に収蔵され、展覧会で展示される事も多い文化的価値の高い古銭です。

価値のある古銭とは?

このように、古銭買取相場は古銭によってばらつきはあるものの、価値の高いものが数多く存在しています。

取引相場の金額は古銭の人気、残存している数、古銭本体の状態の良し悪し、歴史的な価値などによって決まっていきます。

ある程度の基準が定められていて、古銭商の組合が毎年発行しているカタログに載せられた金額がおおよその目安です。

この金額は販売価格なので、自分の手元にある古銭を買い取ってもらいたい場合は、もう少し安くなる点を理解しておく必要があるでしょう。

おおまかに、販売価格の7割程度が買取価格の平均と考えられています。

古銭は綺麗に保存されていることが少なく、一見しただけでは価値がよく分からないものが多くあります。

古銭の知識が無い人ならカタログがある事すら知らないまま、安値で手放してしまう場合もあり得ますから、プロである古銭商の鑑定士に相談してみるのが得策でしょう。

わざわざお店まで出向かなくても、ネットで鑑定を依頼することも可能です。

古銭をより高く高価買取してくれる業者

古銭買取業者の中でも一際、より高く買取をおこなってくれる、専門の古銭買取業者をご紹介いたします。

信頼と実績と圧倒的な買取実績も誇っており、口コミなどでも非常に評判の良い、古銭買取業者となります。

人気・評判・買取価格も高価な古銭買取業者
バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

電話やメールのみからでも見積もり査定は可能ですので、是非一度利用してみてください。

sponsored link

外国銀貨

厳選古銭買取業者

おすすめ古銭買取業者①

おすすめ古銭買取業者②

おすすめ古銭買取業者③

Ad