【2018年】古銭買取業者比較.net

インディアン金貨の買取と価値について

time

インディアン金貨の買取と価値について
インディアン金貨

インディアン金貨

アメリカで発行がおこなわれている金貨、インディアン金貨。

見ての通り、デザイン・図柄にインディアンが描かれています。

インディアン金貨には額面種類もあり、10ドル・5ドル・2.5ドルの3種類と、重量でも3種類、1/2・1/4・1/8トロイオンスと各それぞれの重量で発行がおこなわれています。

 

sponsored link

インディアン金貨の概要

インディアン金貨は、それぞれの種類でデザイン・図柄が違うの大きな特徴となります。

また裏面にはイーグルの図柄が描かれており、10ドルでイーグル、5ドルでハーフイーグル、2.5ドルでクォーターイーグルと呼ばれています。

2.5ドル、5ドルの図柄には男性的なインディアンの図柄、10ドルの図柄には若い女性のインディアンの図柄が採用されています。

上記の様なデザインの違いから一般的には、2.5ドル・5ドルの金貨をオールドインディアン、10ドル金貨をヤングインディアンと呼んでいます。

インディアン金貨の品位は金900、銅100という品位になっています。

ちょうど、21.6金の価値となります。

1930年代ころまで、アメリカでは金も通貨も同じという金本位制であったため、金貨自体も非常に耐性が強い形で発行がおこなわれています。

また額面があることから通常通貨として当時は使用されていました。

現在でも人気の高い金貨でもあります。

 

インディアン金貨の買取と取引金額

インディアン金貨の買取と取引額は、20金相当の金貨価値と重量によって、査定がおこなわれます。

20金相場 × 重量

しかし、インディアン金貨は発行年による、プレミア価値もつく金貨となり、特年の発行のインディアン金貨は非常の高く、数百万単位でオークションで出品されるほどの希少価値の高い金貨となります。

コレクターからの人気も非常に高い故、インディアン金貨は偽物・贋作の発行が多いのも特徴の一つです。

偽物や贋作は上記の様な20金相当の金含有量よりも少ない金で発行されていますので、買取額も低くなります。

また真贋判定も難しく、プロの金貨買取業者にお願いし、査定してもらうことが良いでしょう。

 

インディアン金貨を査定してくれる金貨買取業者

インディアン金貨はレプリカなども多数存在します。

これは金貨全般に言えることですが、金貨の真贋をキチンと鑑定できる買取業者に見積もりをお願いした良いです。

以下おすすめの金貨買取の業者です。

>>インディアン金貨を査定してくれる金貨買取業者

バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

メール・電話1本で査定を行ってもらえるので、非常に便利です。

金貨買取業者はプロの査定員がしっかりと鑑定しないと真贋がわかりません。

sponsored link

外国銀貨

厳選古銭買取業者

おすすめ古銭買取業者①

おすすめ古銭買取業者②

おすすめ古銭買取業者③

Ad