【2018年】古銭買取業者比較.net

カンガルー金貨の買取と価値について

time

カンガルー金貨の買取と価値について
カンガルー金貨

カンガルー金貨

オーストラリアで鋳造・発行がおこなわれている金貨、カンガルー金貨。

大きく描かれたカンガルーの図柄・デザインが特徴的にです。

このカンガルーの図柄・デザインは毎年デザインが変わるのも特徴の一つであり、人気の高い金貨となります。

 

sponsored link

カンガルー金貨の概要

オーストラリア発行の人気金貨、カンガルー金貨は、量目としては4種類の発行がおこなわれています。(1・1/2・1/4・1/10)

初めての発行は1986年から発行がおこなわれ、現在に至るまで多くの数が発行されています。

品位としては、メイプルリーフ金貨やウィーン金貨同様に金999で、24金の価値がある金貨となります。

オーストラリアはゴールドラッシュ時代があり、大量の金が発掘をされました。

そのため、発行初期のカンガルー金貨は図柄・デザインにカンガルーと裏面にはナゲット(金塊)の図柄も採用されていました。

現在のカンガルー金貨とは区別されていますが、ほぼ同様の金貨として認識してもらって大丈夫です。

また発行している造幣局がパース造幣局で発行がおこなわれていました。

この造幣局はオーストラリア内でも一番古い造幣局として有名です。

このことから、カンガルー金貨は非常に長い間、発行がおこなわれている金貨と言えるでしょう。

 

カンガルー金貨の買取と取引金額

カンガルー金貨の買取と取引額については、前述の通り、24金の価値があることからも、金の重量で判断します。

金額の算定は以下の様になります。

24金相場 – 数百円 × 重量

24金の相場とその重量で取引金額が決まります。

また数百円は売却した際の手数料としてとられるものになります。

しかし、カンガルー金貨は、毎年図柄・デザインが変わることから、貴重なデザインのカンガルー金貨には、図柄・デザインも考慮して買取・取引金額が上がるケースもあります。

これは金貨のことに詳しい買取業者などは、その様な点も考慮して査定をしてもらえますので、覚えておいてください。

 

カンガルー金貨を査定してくれる金貨買取業者

カンガルー金貨はレプリカなども多数存在します。

これは金貨全般に言えることですが、金貨の真贋をキチンと鑑定できる買取業者に見積もりをお願いした良いです。

以下おすすめの金貨買取の業者です。

>>カンガルー金貨を査定してくれる金貨買取業者

バイセルで不要な古銭・記念硬貨を売って収入をゲット!

メール・電話1本で査定を行ってもらえるので、非常に便利です。

金貨買取業者はプロの査定員がしっかりと鑑定しないと真贋がわかりません。

sponsored link

外国銀貨

厳選古銭買取業者

おすすめ古銭買取業者①

おすすめ古銭買取業者②

おすすめ古銭買取業者③

Ad