古銭買取業者比較.net

国内金貨の種類と価値

time

国内金貨の種類と価値

古銭の代表各と言えば、やはり「金貨」

古銭・古紙幣の中でも高価買取が期待できる硬貨の種類ですね。

ここでは国内の金貨の種類を簡単にまとめてみました。

是非、お持ちの金貨の査定の対象などに考えてみてください。

 

sponsored link

国内金貨の種類と概要

国内では様々な金貨が発行されています。

主には国事のイベントなどが多いのですが、その国内金貨の種類について簡単に解説していきます。

 

明治初期~発行された金貨

旧1圓金貨

旧1圓金貨

旧1圓金貨

発行年:明治初期(大型:4年~6年、小型:7年~13年)

明治時代の初めに発行が行われた1圓金貨。

サイズの種類としては2種類発行がおこなわれています。

現存する国内金貨では最も古い金貨となります。

買取価格も非常に高く、プレミア金貨の一つで数えられます。

>>旧1圓金貨の詳細

旧二圓金貨

旧二圓金貨

旧二圓金貨

発行年:明治初期(大型:3年~6年、小型:8年~13年)

先ほど紹介した旧1圓金貨よりも価値の高い金貨「旧二圓金貨」

こちらの金貨は現在では非常に高価買取が可能な金貨の種類となります。

>>旧二圓金貨の詳細

旧五圓金貨

旧五圓金貨

旧五圓金貨

発行年:明治初期・中期(大型:3年~5年、小型:5年~30年)

旧五圓金貨は先ほどの2種の金貨(旧1圓金貨・旧二圓金貨)と同様に、サイズも2種発行されています。

旧五圓金貨は発行期間が非常に長く、年代によって買取も変わってくる金貨となります。

>>旧五圓金貨の詳細

旧十圓金貨

旧十圓金貨

旧十圓金貨

発行年:明治初期・中期(大型:4年~6年、小型:9年~15年)

非常に希少性の高い金貨、旧十圓金貨。

明治初期に発行された金貨の中でも発行枚数が少なくズバ抜けて高い金額で取引が行われる金貨です。

>>旧十圓金貨の詳細

旧二十圓金貨

旧二十圓金貨

旧二十圓金貨

発行年:明治初期・中期(大型:4年~5年、小型:8年~13年)

先ほど紹介した「旧十圓金貨」よりもより、希少性の高い金貨として有名な「旧二十圓金貨」

発行枚数も5万枚に満たない金貨で、買取金額もさらに上がります。

1000万円以上の金額がつくこともある幻の金貨になります。

>>旧二十圓金貨の詳細


以上まではほぼ明治初期頃に発行がおこなわれた金貨の種類となります。

これらの金貨は現在でも非常に貴重で価値が高く、〇〇鑑定団でも高価鑑定がされている品物もあります。

これ以降は明治後期から昭和初期に発行された金貨をご紹介!

 

明治後期~昭和初期に発行された金貨

新五円金貨

新5円金貨

新5円金貨

発行年:明治後期~昭和初期(明治30年~昭和5年)

この頃には貨幣法が制定され、明治3年以降に発行がおこなわれた金貨については新金貨という形で発行がおこなわれました。

旧金貨に比べると価値は落ちてしまいますが、それでも高価な金額で取引がおこなわれています。

>>新五円金貨の詳細

新十円金貨

新10円金貨

新10円金貨

発行年:明治後期(明治30年~明治43年)

発行枚数は新5円金貨よりも多いのですが、買取価格や価値については新5円金貨と同等の金額で取引がおこなわれています。

コレクターが非常重宝している金貨と言えるでしょう。

>>新十円金貨の詳細

新二十円金貨

新20円金貨

新20円金貨

発行年:明治後期~昭和初期(明治30年~昭和7年)

新金貨の中で最も発行枚数の多い金貨、新20円金貨そのためか買取金額や取引額も少々低くなります。

現在でも持っている方が多いと言われてる金貨の種類となります。

>>新二十円金貨の詳細

 

国内金貨のまとめ

国内金貨はその多くが明治時代に発行がおこなわれいることが多いです。

現在では希少性の高い金貨もたくさんあり、取引金額も非常に高価となります。

金貨は1枚で、プレミア価値のある金貨と、金相場価格で買取が可能な金貨と両面から査定をおこなうことが可能です。

プレミア価値が高い場合はプレミア価値の金額で、金としての相場非常に高い場合は金相場で売却することをおすすめします。

またこの様に臨機応変に対応をしてもらえる金貨買取業者をご紹介しておきます。

>>国内金貨を高価買取してくれる業者

sponsored link

down

コメントする




外国銀貨

おすすめ古銭買取業者①

おすすめ古銭買取業者②

おすすめ古銭買取業者③

Ad