古銭買取業者比較.net

新二十円金貨の買取と価値について

time

新二十円金貨の買取と価値について

新二十円金貨の買取と価値について

新二十円金貨

新二十円金貨

明治後期~昭和初期にかけて鋳造・発行がおこなわれた金貨「新二十円金貨」

国内金貨の1種となります。

明治30年に国内の貨幣法が変わり、金平価が半減したことから、新しく新金貨として発行がおこなわれました。

他にも5円・10円と新金貨の発行がおこなわれています。

 

sponsored link

新二十円金貨の概要

新二十円金貨は新五円金貨新十円金貨とデザイン・図柄などは変わりなく、菊の紋章(表面)と日章図と八稜鏡(裏面)という形でデザイン・図柄が採用されています。

量目は16.6667g、品位は金900、銅100とこれも、ほぼ新五円金貨や新十円金貨と大きく大差はありません。

金としての価値はそれほど高くなく、純度ということでいくとそこまでの価値はありませんが、希少性という点で、非常に大きな価値があり、国内金貨は高価買取の対象となります。

日本金貨は多くが海外に流れていることもあり、国内での残存数が非常に少ない状況となっています。

ですので、国内金貨はどちらかというと、骨董品などの類で買取・鑑定などがされるケースが主になってきています。

また、財務省放出金貨が世に出回ったこともきっかけとなり、金貨自体の価値が下がってしまう出来事もありました。

金貨は美術品などの類になるとはいえ、その希少性の上下が非常に多く起こり、なかなか値段が安定しないこともあります。

新二十円金貨は、他の新五円金貨、新十円金貨に比べると、発行枚数が非常に多く、約5000万枚は発行がおこなわれているのも特徴の一つです。

 

新二十円金貨の買取と取引金額

新二十円金貨の買取額と取引金額について見ていきましょう。

新二十円金貨は国内金貨は一番多くの発行枚数が存在していますので、他の金貨に比べると、希少性という部分で低いです。

ですので、買取・取引金額としても8~10万円前後で買取がおこなわれるケースが多いです。

但し、コンディション・状態でも上下するケースがありますので、一概にこの金額全てとは言いません。

また新二十円金貨にも特年という年があり、昭和7年発行の新二十円金貨は、発行枚数も少なく、高い値段で取引が可能な金貨となります。

しかしながら残存数が少ないため、現在に至るまで、昭和7年の新二十円金貨の売却額というのは今までにありません。

ただ、ほとんど出回っていない昭和7年の新二十円金貨が今後取引されることとなると、とんでもない金額で取引がおこなわれる可能性が大いに考えられます。

 

新二十円金貨を高価買取してくれる金貨買取業者

新二十円金貨はレプリカなども多数存在します。

これは金貨全般に言えることですが、金貨の真贋をキチンと鑑定できる買取業者に見積もりをお願いした良いです。

以下おすすめの金貨買取の業者です。

>>新二十円金貨を高価買取してくれる金貨買取業者

金貨買取業者はプロの査定員がしっかりと鑑定しないと真贋がわかりません。

sponsored link

外国銀貨

おすすめ古銭買取業者①

おすすめ古銭買取業者②

おすすめ古銭買取業者③

Ad